1. Top » 
  2. 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

更新再開!

いやぁ・・・・・

実に久々の更新です

何やってたの?的な事に対する答えですが・・・・

特に何もありません

それなりに忙しく、と言って暇が無い訳でもなく・・・、そんな普通の状態でした
まぁ、休みの度にアレコレと用事はありましたが、ゲームに没頭してたわけじゃないですよ!

にしても、長い間ブログ放置していたらコメ欄が凄い事になってましたね。
温かいコメントに混じってエロいコメントがドカドカと

よし、まずはブログ書く前に大掃除だぁ・・・・とばかりに変なコメント削除して、どうせならテンプレ変えて・・・・ナドナド

フゥ・・・と一息ついて確認してみると・・・・・・


コメントどころか・・・・・記事まで消えてる
それも全て・・・・・

何を言ってるのか分からないと思うけど、僕も何をしてるのか分からなかった・・・・


おぉぉ・・・数百個あった日記が・・・・
今や生まれたてのベイビィのブログになってしまった・・・

真面目にコメントしてくださった方ごめんなさい<( _ _ )>


ま、日記の方は大半が駄文なので仕方ないです


何が悪いって、放置してた僕が悪い
それ以上にエロが悪い


いやね、一応消す前にちゃんとコメント確認してたんですよ

ホント、ワンクリックでエロい所に飛ぶんだから・・・・


けしからん

けしからんと思って、消そうと思った結果がこの体たらくですが・・・・


まぁしかし、今時は簡単にエロと出会う事が出来るって・・・・ほんと羨ましいけしからん

っとこの手の話は以前も書いた記憶があるんですが、今や生まれたてのベイビィなので気にしません
(ホントはしばらく放心状態になってました)



僕が女性を異性と強く意識しだしたのは、中学を卒業したあたりでしょうか?
ちょいと遅いような気もしますが、中学時代の僕といえば

デブ・オタク・病弱

といった感じの人間だったので、意識はしても強く思うことはありませんでした
しかし、さすがに中学を卒業する頃になると成長してきますからね

んで、高校は・・・というと、コレが山に囲まれた男子校


意識する対象がいないんでやんの

おまけに酷いヤンキー学校でしたからね
毎日クラス内でケンカが起こってるっていう有様、よく無事でいられたもんです

自然と意識する目は外へと向けられるんですが、生憎と山に囲まれた学校ときてる
JRはあるけど単線、しかも1時間に1本しか来ないド田舎っぷり

そもそも根本的に自分自身の見た目がダメ



っとまぁ長い前置きになりましたが、中高生男子には当然あるエロへの渇望となるわけですね
もう15年も前ですよ

夏の日の1993とかリアルに流行ってた時代ですよ

当時のエロツールとしては
1・・エロビデオ
2・・エロ本
位しかない物で、入手手段もそれこそ限られたもので
1・・・買う
2・・・借りる
3・・・貰う
4・・・拾う
ですよ
1・2・3はともかく、4なんて今時小学生くらいしかやらないのではないでしょうか?

しかし、この拾うってのは馬鹿に出来ませんでした
今はどうか知りませんが、当時は近くの山を歩けばエロ本を取得できる・・・ってなくらいに簡単に入手できる手段だったのです
病弱で体育すら休んでたような僕がエロの為に山歩きする

思春期のエロパワーって凄い

今にして思うと、何故山に大量にエロ本が捨てられてたのか不思議です


けど、当時一番簡単に入手できる方法としても山歩きをしなくてはならない
ホント、今のワンクリックに比べて大変な時代でした
しかし、拾う事の欠点として
1・・野晒しなので痛みが酷い
2・・確実に拾えるとは限らない
ってのがあって、やはり買うか借りるしか効率よく手に入れる方法って無いんですね

ちなみに、貰うってのは友人が手に入れて楽しんだものをお下がりするってものです
コレに関しては、友人の趣味を垣間見れたり開かないページがあったりするので善し悪しです


さて、買う・・・・ですが、コレは一気にハードルが上がりますね
女性店員だと買い辛い、近所だと恥ずかしい等々
優良書店の条件として
1・・家から離れてるが遠すぎない
2・・店員がオッサン(爺さんだと更に良し、婆さんでも可)
3・・包装がすばやい(年寄りにコレを求めるのは酷ですが)

まぁ汚れた大人になると、エロ本をレジに持って行き若い女性店員の反応を見て楽しむ・・・なんて事もありますが中高生男子には到底ムリ

当時の僕はこのような優良店を数店チェックしておりました
(毎回同じ店で買ってると顔を覚えられると懸念した為です)

こうして手にしたエロ本が、やがて友人間で貰い貰われて行くわけですね

で、ココまで来るとやはり動きが欲しいってのが通常の思考ですよ
そう・・・・エロビデオですよ

これは買うって選択肢は皆無でしたね、高いから
となると借りる一択

これはハードルが高いなんてもんじゃない
だって、身分証が必要なんですよ

18歳以上じゃないとダメ・・・ってのが通常の建前なので中高生にはそれがネック
免許は持ってたので会員証を作るのは簡単・・・が

しかし、いざレジまで持っていって断られたらどうしよう・・・

「スミマセン、お客様。こちらの品は18歳以上でないとお貸しできません」とか言われたら嫌だ
そんな晒し者にはなりたくない

僕のような村人は勇者の登場を待つしかないのです

ま、勇者なんて何処だっていますよ。
エロパワーってのはスゴイですから
こうして勇者のもたらした情報により、借りれる店舗ってのを確認して突撃するんですね


ようやく手にしたビデオを厳重に隠しながら帰宅します

思うのですが、エログッズを買った帰り道に事故なんてあったら悲惨ですよね
家に着くまでが遠足・・・とはよく言ったものです

でも、無事帰宅しても家族のいない間を見計らってビデオを見ないといけない
間違って延長などして家に催促の電話がきたら嫌なので時間は厳守しないとならない

こういう行程を経てようやく動きを堪能できたんですねぇ・・・・・・


に、比べて今の時代のエロのお手軽さときたら・・・・

あまりにも簡単に見れるもんだから、ついつい見過ぎちゃって何時の間にかウイルス感染
ノーパソぶっ壊して彼女に怒られるってのを僕も経験しましたよ


あぁ・・・そう考えるといつの時代もネックはつき物だな・・と
それ以上に、こんな事かいてるからエロいコメントが増えるのだろうかと思ったり

よかったらワンポチを









スポンサーサイト

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。